This sure don't look like Kansas

このページは、私が日本語ミニストリーを行っているニューヨークのゴスペル教会「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」の礼拝メッセージを元に書かれているものです。聖書は今やクリスチャンのものだけではありません。なぜなら、みなさんのビジネスや生活のヒントになるメッセージがいっぱい詰まっているからです!人生のマニュアル本として、みなさんと一緒に学び、より心豊かな人生をおくりたく思います!

フェイスブックやツイッターなどSNSでのシェアは、ウェルカムです!そして、NYに来たら是非、私と一緒に礼拝に参加してください!詳細はこちら

wizardofoz13554

今回のブラウン牧師のお話は懐かしい映画のことから始まりました。タイトルも「もうカンザスにはいないみたい!」。アメリカのカンザスという地名が登場する昔の映画・・・そう、オズの魔法使いです!

「旧約聖書のJoshua(ヨシュア記)3章5節を見てください。”あなたがたは身を清めなさい。あす、主があなたがたのうちに不思議を行われるからである” 自分を神聖な状態にすると、その後何が起きるのでしょう?1939年に上映された”オズの魔法使い”という映画をご存じですね?その中で主役の娘ドロシーは、飼い犬のトトにこう言っています。”私たちはカンザスにいないような気がする”。信じられないことがドロシーに起こったのです。カンザスにはおらず、なんだか別のところにいるような気がする・・・・この映画の魔法使いのごとく、神は実に人々に信じられない行いをされるのです!では、ヨシュア記の中では、どんな奇跡を起こされたのでしょうか?続きを読んでみましょう。」

3:7主はヨシュアに言われた、「きょうからわたしはすべてのイスラエルの前にあなたを尊い者とするであろう。こうしてわたしがモーセと共にいたように、あなたとともにおることを彼らに知らせるであろう。 3:8あなたは契約の箱をかく祭司たちに命じて言わなければならない、『あなたがたは、ヨルダンの水ぎわへ行くと、すぐ、ヨルダンの中に立ちとどまらなければならない』」

stdas0800「神はヨシュアに奇跡を起こされました。橋も舩も使わずにヨルダン川を渡らせ、契約の箱を運ばせたのです。この時期、川の水は満ちており、とても人間が渡れるような状況ではありませんでした。その証拠に3日間、彼らは立ち往生し、もうこれ以上は進めない・・と諦めていました。そこへ神はヨシュアに奇跡を起こすことを告げたのです。そしてヨシュアに ”あなたが偉大なものであることを皆の前で証明してあげよう”と言いました。」

ちょっとここで解説です。このお話はイエスキリストが生まれる1400から1500年前の話。旧約聖書はイエスが生まれる前までの出来事を書いた書物です。契約の箱とは当時のイスラエルにとって、とても大事な3つのものが納められていました。ひとつは石版に書き記された聖なる碑文「モーセの十戒」(出エジプト記31章参照)、二つ目はアロンの杖(民数記17章参照)、三つ目はマナのツボ。(出エジプト記16章)。ヨルダン川はとても大きな川で、とても人間が歩いて渡れる川幅ではありませんでした。水量も多い時期だったので、水に入ればたちまち人は流されてしまいます。約束の地カナンへは、とても到着できないと諦めていたところに、神様が登場です!ヨシュアに川を渡るように告げます。

「ヨシュアは、神が明日奇跡を起こされるので今日は神聖な日にしようと仲間に伝え、みんなもそれに従いました。そして、神の言葉通り川を歩いて渡ったのです!彼らの神への信頼度をあなた方のものと比較してみてください。神の言葉に従って命がけの行為を行ったのですから、彼らの信仰がどれだけのものだったか想像がつくことでしょう!このように、神はあなたがどれだけ天の父を信頼できるか、こうして試されます。そして、あなたの本気度がわかった時点で、初めて奇跡を起こしてくださるのです。清めてもいない、頑張ってもいない、信仰もない・・・そんな人に神は奇跡を起こすことはありません!」

woman-praying-with-bible「それぞれの教会も今、神様に試されているのです。私は前回、教会に最も必要なのは建物ではなく”人”であると言いました。教会は神と人間とのつながりを最優先にできる神聖な場所でなくてはなりません。なぜならそこが安らぎを得られる場所だからです。本当の安らぎというものを多くの人は知りません。イエスの残した言葉を思い出してください。”私の後に続くものには安らぎが与えられる”と言いましたね。神聖であるということは、イエスに従うことなのです。」

「まず教会は人々に正しい道筋を与える場所でなくてはなりません。悪魔はできるだけ人間が神から離れるように私達に負のエネルギーを注ぎ込んできます。”神などこの世にいない!馬鹿馬鹿しいことを信じるな!”と、あの手この手を使って強く薦めてきます。教会の外にこそ楽しいもの、豊かなものがあるように魅せます。人間は悪魔に騙され”信仰など馬鹿馬鹿しい!”と目に見えるものばかりを信じようとします。教会に来る人も減ってきて、多くの人間がイエスから離れようとしています。これを食い止めることが教会の大きな役割です。」

「旧約聖書の創世記を多くの人はご存知でしょう。神は人をご自身の形に似せて作り、人間に祝福を与え、地を満たし生き物のリーダーシップを取るように命じました。しかし、人間はいつの間にか悪魔に魂を奪われ神の言葉に従わず、自分たちに力があると思い始めてしまいました。自然を壊し、生き物を迫害し、結婚の形を変え、ドラッグを蔓延させ、核エネルギーまで作り出した。悪魔の望む世界を生み出しています。教会はいったい何をやっているのでしょう?」

images「次に教会は人々に”準備”をするように教えなくてはなりません。人間の力で作った”救い”など、たいしたものではないのです。神の手による救いとは規模が違います。人間が不可能だと思うことを神様はやってのけてしまうのですから!旧約聖書Jeremiah(エレミア記)32章27節には”私にとってできないことはあるか?”と神の言葉が記されています。皆さんの救いの道はちゃんと神の手によって準備されているのです。準備をするのは皆さんの方です!ヨルダン川を渡ったヨシュアたちのように皆さんも試されているのです!”神様なんかいるもんか!” そう思うときもあるでしょう。しかし、イエスの言う通りやってみて神の御業が本当に起きるかどうか試してみても良いのではないでしょうか?そう思う人たちを教会はサポートすべきです。」

「準備ができた皆さん、さあ神との約束が果たされる時がやってきます!神は真の平安を約束しています。イエスはその証拠です。イエスの残した言葉を思い出してください。John(ヨハネ)10章30節”わたしと父とは一つである”、Matthew(マタイ)28章20節”わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである”、ヨハネ12章46節”わたしは光としてこの世にきた”、ヨハネ12章47節”わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである”、Luke(ルカ)19章10節”人の子(イエス)がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである”。神様はイエスを見習って生きたものには真の平安を与えると約束しているのです!」

scarecrow-the-wizard-of-oz-funny-quotes「カンザスにとどまっていてはいけません。真実の国へあなたも行ってください。ドロシーとカカシの会話を覚えていますか?ドロシー”あなたは脳がないのに、どうして話せるの?” カカシ”人間は脳を使わずに話をしているじゃない?それと一緒さ!” 人間の会話などその程度のものであることが多いのです。

さあ、神の声を聞きましょう!旧約聖書Ezekiel(エゼキエル書)33章を読んでみてください。神にとって、人間の生きる道を閉ざすことなど簡単なのです。神を信じると言いながら、自分を清めない人間には滅びの道が待っています。花咲く地へ行き真の平安を得るために、もっとも戦わなくてはならない相手は自分なのです。」

私はオレンジゴスペルという企画をプロデュースし、5年前から日本の子ども虐待防止オレンジリボン運動の啓発をゴスペル音楽を通して行っています。自己資金で始めたこの企画は、毎年資金が十分に集まらず赤字開催を繰り返していました。昨年は完全に貯金がなくなりました。真剣に取り組んだのに・・・きっと神様はこの企画を良いと思ってはおられないのだ・・・そう思い、来年はもう無理だなあと感じていました。ツアーが終わった時には、すっかり体調も崩してしまいました。

Miraclesかし、そんなときに神様は手を差し伸べてくださいました。翌年のオレンジゴスペルを・・・と、次々と主催者が揃いました。「素晴らしい企画なのだから、Kyokoさん一人ではなく、みんなでやりましょう!」実行委員会のメンバーの方から、そんな言葉も送られてきました。私の気づかぬところで今までずっとオレンジゴスペルを見ていてくださった方々、支えてくださっていた方が沢山おられたのです。「あ~、神様は私の本気度を試しておられたのだなあ~」そう思いました。そして、今までの苦労が嘘のように、そのあとは次から次へと信じられない出来事が続いています!素晴らしい方々が次々と私の周りに現れているのです!(オレンジゴスペル2015公式サイトは、こちら!)

ある実行委員会メンバーから素晴らしい言葉をいただきました。「メンバーになったことで、今まで知り合えなかった人たちを知り合えるようになり、人生が豊かになったと思います」。オレンジゴスペルを通して、豊かな人脈・豊かな愛・豊かな時間が広がっていることは、私自身も実感しています。初年度からずっと色々な方々の手を借りての5周年です。私もくじけそうになりながらも、神の言葉に耳を傾け信じて進んできました。神様が望んでいるのは宗教の布教ではなく、愛の普及だと私は思っています。神様が2000年前に人間へのメッセンジャーとして送り込んでくださったイエスキリスト。私に騙されたと思って、皆さんも彼の残した言葉を一度読んでみてはどうですか?

2015年9月6日のメッセージより

文:打木希瑶子Bid-to-make-Toto-breed-top-dog-in-Kansas-fails-3L14VMRT-x-large