Let’s get it on

このページは、私が日本語ミニストリーを行っているニューヨークのゴスペル教会「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」の礼拝メッセージを元に書かれているものです。聖書は今やクリスチャンのものだけではありません。なぜなら、みなさんのビジネスや生活のヒントになるメッセージがいっぱい詰まっているからです!人生のマニュアル本として、みなさんと一緒に学び、より心豊かな人生をおくりたく思います!フェイスブックツイッターなどSNSでのシェアは、ウェルカムです!

そして、NYに来たら是非、私の教会にいらしてください!無料で素晴らしいゴスペル教会の礼拝に参加することができます!また、新しく始まったニューヨークのゴスペルツアーにも私の教会訪問が組み込まれています!ライター&ガイドの堂本さんによる黒人文化の歴史レクチャーは最高です!ハーレムを散策しながら学んだ後に教会まで連れて来てくださるので、教会訪問が更に楽しめます!是非ご利用ください!

*****

13649634_1190638330981024_1500879641_n (2)7月10日はベッセルにとって、とても特別な1日になりました。まず、朝8時の礼拝ではニューヨーク市長がスピーチを行いました。そして夕方には特別に「祈りの集会」が教会の入り口に設けられ、ブロードウェイ女優、エミー賞俳優、ゴスペルアーティストのドニー・マクラーキン氏を含む牧師さんたちが、クウィーンズやブロクスの教会から、この祈りの集会に集まりスピーチと祈りの言葉を述べました。(写真:ドニー・マクラーキン)

最近起きた警察官と黒人の事件が発端になりダラスで起きてしまった暴動事件。暴力では何も解決に向かわないと考えるニューヨーク市民が1日中ベッセルに大勢集まることになりました。

ドニーさんは「デモや暴動は怒りで起こしてはならない。マーティンルーサー・キングが起こしたマーチングは、決して今のデモや暴動と同じ種類のものではなかった。当時、人々は”神の力を信じる強い信仰”を持って行動した。しかし、今は政府や警察に対する”怒り”を持っての行動である。怒りには愛がない。愛がないということは、そこには神がない。なぜなら、聖書に”神は愛である”と書いてあるから」と発言し、その言葉に私は涙しました。

ご存知かと思いますが、現ニューヨーク市長の奥様は黒人の方です。他民族が暮らすニューヨーク市の市長とファーストレディ-のカップルは、人種差別のないニューヨークを目指そうという象徴に思えます。

deblasio11n-4-web「ニューヨークは他民族が暮らす街です。つまり、元々は皆さんが色々な地域や国から来ているのだということ。だからこそ、ニューヨーク市民から肌の色にこだわらない社会を呼び掛けていきたい」という内容のスピーチをされました。ニューヨークは、とてもエネルギッシュで魅力ある街です。そのニューヨークが、人種差別のない世界へのリーダーシップが取れれば、とても影響力があるでしょうね!市長のメッセージに参列者一同が「Amen!」でした!(写真:ニューヨーク市長とファーストレディ www.haitiinfos.netより)

市長が退席した後、ブラウン牧師のメッセージがスタートしました。「マタイ18章の21から35節を見てみましょう。何度許すべきかという話と、王と僕の借金の精算の話が書いてあります。私たちは何かに反応する前に考えることができる生き物です。ですから、怒りや恐怖などの感情が先走り、何も考えずに行動を起こしてはならないのです。私たち人間は神から出た者・・・であるべきです。」

b4ec5-bornagain聖書の中には、とても美しい言葉が沢山収められています。私が特に好きなセンテンスの一つが、まさにブラウン牧師の言った「私たちは神から出たもの」という言葉。ヨハネ第一の手紙4章6節に書かれているものです。この言葉の後に「神を知っている者は、わたしたちの言うことを聞き、神から出ない者は、わたしたちの言うことを聞かない。これによって、わたしたちは、真理の霊と迷いの霊との区別を知るのである」という文章が続きます。私たちの生きている世の中には、なんと「迷いの霊」が多いことか!(画像:standingforgod.comより)

ヨハネ第一の手紙4章17節から21節を見てください。今回アメリカで起きた一連の事件を”惨事”で片づけてはなりません。この問題の解決方法は”愛”なのです。こうなって欲しい、こうなるといいな・・・などという今までのような弱い思いでは、世の中何も変わっていきません。”愛を持って変えなくてはならない!”という強い信念を持ち、その思いを外に出し、影響を与えなくてはならないのです!」

l4c7f25ef03bbf「世の中には良いカウンセリングができる人と、そうでない人がいます。旧約聖書のサムエル記下13章に登場するアムノンは、友人の悪いカウンセリングを聞いてしまった例ですね。人は自分の感情が先走り、誤った言動を起こしてしまうことがあります。私は多くのカップルやご夫婦に言うことがあります。”夫婦生活は3声のハーモニーを守ることが大切です。夫婦二人と神様の3つのハーモニーです。これを4声にすると問題が起こります!”と。あなたも友人や家族から相談を受けたとき、何とか力になってやりたいと、”指示”を出してしまったことはありませんか?あなたが良いカウンセラーである保証はありませんよね?相談を受けたときに”そうだね・・・”と、ただ相槌を打ってあげたほうがずっと良い場合があります。」(画像:www.psychotherapy.netより)

「新約聖書へブル人への手紙11章には、聖書に登場した重要人物が書いてあります。彼らは信仰を持って行動しました。もちろん、彼らに恐怖も怒りもあったでしょう。しかし、神の目的のためにそれらを封じ込め行動を起こしたのです。聖書の内容をさらっと理解するだけにとどめていてはなりません。モーセのように勇気を持ち、自分の魂が歓ぶような行動を起こすべきです!」

Batman-V-Superman-Dawn-Of-Justice-000220457_0「教会から外に出ると、恐ろしくて不安な社会が見えてきます。しかし、正義を恐れる必要はありません。強い信仰を持ってさえいれば、神の愛がそれを払しょくしてくれます。神の愛は”完全”なものです。」

「しかし、そう言われても・・・と、なおも不安に思う人は、今以上にスピリチャルな時間を作るようにしてください。バイブルクラスに行く時間を増やすとか、祈りの時間を増やすとか、瞑想する時間を作るとか・・・。自分と神をつなぐ時間を作るのです。そうすれば、必ず不安は取り除かれていき、勇気ある人間になっていけますよ!」(画像:www.ew.comより)

最近、私のバイブルクラスも少人数ですが毎週誰かが来るようになりました。ある人が「Kyokoさんのバイブルクラスで学ぶことにより、自分に自信がついてきた」と言いました。それまでは、自分と人とを比較して落ち込んだり、イライラしたり、将来に不安を持っていたのに、それが少しずつ払拭されていっているのだそうです。

私も訪問者にバイブルの中身についてお話するようになってから、とても自分が変わったと思います。今までは自分が牧師さんのお話を聞いているだけの立場でしたが、人にお話するとなると今まで以上に聖書について勉強しなくてはならなくなりました。自動的に「スピリチャルな時間」に自分を置く時間が増えました。その結果、不安や怒りの感情があまり起きなくなりました。

皆さんも、しばらく試してみてはいかがでしょうか?このメッセージページを毎週読むことだけでも、何かがきっと変わると思いますよ!

2aa510_f0a9cb24d8654c36a43e2e42b4d43a072016年7月10日のメッセージより

文:打木希瑶子