特別講演:ジョシュア・バンダ牧師

このページは、私が日本語ミニストリーを行っているニューヨークのゴスペル教会「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」の礼拝メッセージを元に書かれているものです。聖書は今やクリスチャンのものだけではありません。なぜなら、みなさんのビジネスや生活のヒントになるメッセージがいっぱい詰まっているからです!人生のマニュアル本として、みなさんと一緒に学び、より心豊かな人生をおくりたく思います!

フェイスブックやツイッターなどSNSでのシェアは、ウェルカムです!そして、NYに来たら是非、私と一緒に礼拝に参加してください!詳細はこちら

hqdefault (1)

(画像:www.youtube.comより)

今回は、アフリカのザンビアからのゲストスピーカー、Northmeade Assemblyのジョシュア・バンダさんのお話でした。ジョシュアさんは、牧師としてだけでなくザンビアのエイズ問題のスペシャリストでもあります。「Changing Africa」のTVインタビューでもお分かりかと思いますが、英語も素晴らしい!ちっとも英語がうまくならない私は猛反省です!この日、ジョシュアさんが取り上げたページは、新約聖書の一番最後に書かれている「黙示録」でした。たいへん力強い言葉からジョシュアさんのメッセージがスタートしました。

「多くの教会が、このページについて語りません。聖書から消されてしまったのかと思うほどです(苦笑)。しかし、私は今こそ、このページについて語らなければいけないと思うのです。なぜならば多くの人が聖書から離れてしまっているからです!」

imagesこのオープニングの言葉に私は凄いインスピレーションを感じ、最後まで興味深くメッセージを聞きいってしまいました。実は私はアメリカで同性婚が国の法律として認められたという報道に落胆していました。それは性差別や同性愛者を非難するものではなく、人間がどんどん勝手に「人間の都合で法律を変えていくこと」に対しての落胆です。天の定めた法律を無視し、人間は新しく自分たちの都合の良い世界を作ろうとしているように見えるからです。アメリカで同性婚が認められたときの発表コメントにこんなものがありました。「神の教えなど関係ない!私達人間は新たなスタートを切ったのだ!」という内容のコメントでした。私はそのコメントを聞いて、鳥肌が立ちました。いよいよ、人間は神を畏れなくなった・・・と。

ジョシュアさんの話に戻ります。「さあ、皆さん!恐れずに黙示録を一緒に読もうではありませんか!Revelation(黙示録)4章の1節を見てください。<”ここに上ってきなさい。そうしたら、これから後に起るべきことを、見せてあげよう”と言った。>と、書いてあります。天を見せてあげようと言われたJohn(ヨハネ)は、神をいつまでも信用しようとしない人間の代理人として呼ばれたのでしょう。神はいつも私たちに正しい扉を用意している。しかし、私たちはそれを無視して、もっと別の扉があるに違いないと思って探しているわけです。人間は目に見えるものしか信じない・・・。そんな愚かな人間たちに、最後の切り札として、この日 ”天を見せる” という行動をとったのです。Johnは、今まで見たこともない世界を見ました。そして神の計画が ”本物” であることを再確認することになります。」(画像:creationoutreach.comより)heavendoor.jpg.w560h373

「黙示録は決して恐ろしいページでもなんでもありません。Johnは人間代表として天を見、その時のレポートを後世に残そうとしたのです。神はあなたのことをご存じなのです。誰よりも信頼できるお方なのです。地上で力があると思われている政治家や経済界のリーダーたちを見てください。あなた方は彼らを心の底から信頼できますか?できませんよね?彼らは、あなた方に魅力的なものを見せては、がっかりさせていますよね?それに彼らは良く間違いを犯します!しかし、神はあなた方をがっかりさせませんし、失敗もしません!それなのに、なぜ皆さんは地上の権力を信用しようとするのですか?」

「黙示録の中でJohnは何度も ”見た” のです。何度 ”見た” という表現が出てきますか?それでもあなたは、まだ信じられないのですか?イエスがはヨハネの福音書5章48節で、このように言っていますね。”あなた方はしるしと不思議を見ない限り、決して信じない” と。さあ、みなさん!あなたは、イエスが2000年前に残した言葉通りの人間なのですか?まだイエスの魂を受け入れない生活をしているのですか?なぜ受け入れて、次のレベルに行こうとしないのですか?イエスの魂を受け入れることで、あなたの生き方は変わるはずなのですが?」

download私の周りにも、教会には来るけれど洗礼は受けていない・・・という方が沢山おられます。ゴスペルが大好きで歌っている方もたくさんいます。使徒言行録19章1~6の記述を見ると、ヨハネの洗礼とイエスの洗礼は違うこと、洗礼を受けたつもりだったがイエスの洗礼を受けていない人が当時もたくさんいたこと、イエスの洗礼を受けた後には聖霊が臨んだことことが記されています。自分を大切にするならば、より良い人生を送りたいと思うのなら、なぜ洗礼を試してみないのでしょうか?人は自分をよりよく見せたいと思い、色々なものを買います。自分を向上させたいと、講習会にお金を払って参加する人もいるでしょう。しかし、神のアドバイスは無料なのになぜ試さないのでしょうか?(画像:travel2myrtlebeach.com)

最後にジョシュアさんは、こうメッセージを締めくくりました。「所詮、人間の司法や経済などは、神のそれには及ばないのです。黙示録はそれを人間に気づかせ、神の扉をみんなで開けるように・・・と伝えるための ”希望” が詰まっているメッセージなのです!」

2015年6月28日のメッセージより

文:打木希瑶子 (画像:www.clarionenterprises.comより)

download (1)