Faith of our Father: A step up but never a crutch!

このページは、私が日本語ミニストリーを行っているニューヨークのゴスペル教会「ベッセル・ゴスペル・アセンブリー教会」の礼拝メッセージを元に書かれているものです。聖書は今やクリスチャンのものだけではありません。なぜなら、みなさんのビジネスや生活のヒントになるメッセージがいっぱい詰まっているからです!人生のマニュアル本として、みなさんと一緒に学び、より心豊かな人生をおくりたく思います!

フェイスブックやツイッターなどSNSでのシェアは、ウェルカムです!そして、NYに来たら是非、私の教会にいらしてください!無料で素晴らしいゴスペル教会の礼拝に参加することができます!詳細はこちら

NY以外でメッセージを読んでいる皆さん!是非、ご意見やご感想をメールフェイスブックで送ってください!聖書についてもっと勉強したい方からのお問合せもウェルカムです!

10429649-closeup-of-a-man-walking-with-crutches-Stock-Photo-rehabilitation-injured-accident(画像:www.123rf.comより)

本日はブラウン牧師が出張だったので、以前ご紹介できなかったメッセージについて書いてみました。タイトルは「信仰は自分の成長のためであり、決して自分を支える杖であってはならない!」です。ブラウン牧師はとても奇妙な写真を私たちに見せてくれました。

ブラウン牧師「皆さんは、お墓に抱きついたり、吸ったりする人たちの写真を見たことがありますか?いったいこの人たちは、何をしているのでしょうか?」

grave私もこの写真は今まで目にしたことがなく、アメリカの有名お笑い番組「サタデーナイト・ライブ」か何かで使われたジョークであると思いました。写真を見た途端、礼拝に来ていた600人ほどの参列者からも笑い声が出ました。しかし、実はこれが大真面目な写真だと分かった途端、会場の笑いは失笑に変わりました。(画像:josephmattera.orgより)

「旧約聖書の第二列王記13章21節では、預言者(神の言葉を伝える人)であったエリシャの墓に死体を入れたら、その人が生き返った・・・という記述があります。エリシャのことは、皆さん覚えていますか?預言者エリヤの後を継ぎ、数々の奇跡を起こした人物です。”死んだ人間が甦った”というのは、神様が人間にはできない業を示したものであり、エリシャの遺体が人間を生き返らせた・・・というオカルトのような話ではありません。しかし、この写真のように”墓にはパワーがある”と信じる人たちもいます。私は、その人たちを非難したいわけではありません。それに皆さんも笑っていますが、本当に笑えますか?多くの人が”スピリチャルスポット”と言っては洞窟などを訪れているではありませんか?新約聖書のルカによる福音書24章1節から5節に、イエスの墓を見に行った女性たちがイエスの体がないことを知る記述があります。お墓には死んだ人たちから出るスピリチャルなエネルギーがあり、その恩恵に我々が与れる・・・と信じている人たちもいるのです。しかし、それは本当でしょうか?」

praise_hawaiian確かにネット検索をしてみると、沢山のツアーが出てきました!「パワー・スポット&ヒーリング・ツアー」「スピリチュアル&ヒーリング巡礼」、「開運ツアー」などなど・・・。参加すると心が元気になれそうなツアーがいっぱいです!(画像:ahlhalau.blogspot.comより)

「私たちがいかに愚かであるか、その例をいくつか挙げましょう。人間は研究を重ね、車の耐久性は車の誕生から大きく進歩しましたね。そんなに頭の良い人間が、なぜ未だに飢えや貧困の問題を解決できないのですか?医学も大きく発達しています。しかし、なぜ人間は予防接種をみんなに与えられないのですか?宗教熱心な人たちがアメリカにたくさんいます。しかし、なぜアメリカ人はGod Bless America(アメリカに神の栄光を)としか歌わないのですか?他国への神の栄光は祈らないのですか?人間はサルよりも賢い動物であるはずです。しかし、性的な虐待や不倫などはなくなりません。なぜ人間は性欲を押さえることができないのですか?」

「新約聖書ヨハネによる福音書12章31節には何と書いてありますか?”今はこの世がさばかれる時である。今こそこの世の君は追い出されるであろう。” さて、裁きを受ける人は誰でしょうか?またイエスは、ヨハネによる福音書13章34節では、” わたしは、新しいいましめをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。” 私たちに”愛し合いなさい”と教えています。しかし、なぜ愛し合わず、争うことを止めないのでしょうか?」

「イエスは人間を愛し、人間のために命を落としました。さて、イエスの信仰は、あなたの信仰と同じだと言えますか?今一度良く考えてみてください!あなたの信仰はあなたの為だけのもの・・・には、なっていませんか?信仰はあなたが寄りかかるためのものではありません。あなたを成長させるものでなくてはならない!聖書に残された神との約束を守れない人が、スピリチャルスポットに行ったからと言って、イエスや預言者たちのように簡単にスピリチャルな力を得ることができると思いますか?」(画像:activerain.comより)

ar125955455278468

自分が困ったときだけ必死で神頼みしている人、クリスチャンだと言いながら祈るだけで何も行動しない人、洗礼を受けただけで満足して聖書も読まない人、ただゴスペルを賛美して満足している人、などなど・・・。ブラウン牧師は、そういう人たちに対して 「それは違うのではないですか?」と問題提起しています。

「”私は洗礼を受けてクリスチャンになりました!だから、私はこれから救われる!”、”私は毎週教会に通っている熱心なクリスチャンです!だから、神様は私を救ってくださる!” もし、あなたがそのように思っているならば、それは大きな勘違いです。もう一度良く聖書を読んでください。そして自分のやっていることを見てください。イエスも私たちと同じように洗礼を受けました。その後は人間たちのために神の教えを伝え続けましたよね?しかし、あなたの信仰は、あなたのためだけになっていませんか?」

信仰は自分の欲のためではなく、みんなの幸せや自分の成長を助けるものでなくてはならない・・・。たいへん厳しいメッセージですが、私もブラウン牧師のメッセージに全く同感です。洗礼を受けて、教会メンバーになったことで満足していませんか?メンバーになったあと、教会が何かあなたのためにしてくれるのを、あなたは待っていませんか?あなたの人生はあなたのものであり、あなたが切り開いていかなくてはなりません!聖書で勉強したことを実行に移していかなくてはなりません!自分欲のために信仰をするのであれば、それは真の信仰とは言えないと思います。

・・・・・と言いながら、これは私自身への言葉です。人間は弱い生き物です。ちょっと油断すると自分勝手なお祈りになってしまう・・・(苦笑)。下記の写真は「すべての犬が太り、歳をとり、怠慢になりますように!」と誰かがコメントをつけたユニークな写真です。私たちの信仰が、この写真のように私欲に溺れたものにならないようにしたいものですね!

funny-praying-cat-picture2015年9月20日のメッセージより

文:打木希瑶子

(画像:quotesgram.comより)